状況を逆手にとる

恋愛中、自分に不利なことや嫌なことというのはどうしても起こってしまいます。
これをみんなどう対処しているのでしょうか?
私の場合は、少し前まで、逃げるか見ていないふりをしてきました。
自分を守りたいですし、傷つきたくもなかったからです。
守りや逃げを長いあいだ続けていると「失敗」おt感じることもありました。
しかし、傷ついても大丈夫とは思えませんでした。
でも、悪いことが起きたとしてもそれを逆に捉えてみれば良いのでは??と考えるようになりました。
その当時好きな人がいたのですが、関係は微妙な感じ。
彼は友達としてみているような感じもしますし、そうでもないような感じもする・・・という感じです。
位置づけする必要はないのですが、なんだかしてしまうものです。
好きな気持ちは強かったので、私から頑張って押し続けていました。
しかし、彼は困ったような顔をするときもありますし、何をしてもこいつは大丈夫的なかんがえを持たれたりしました。
少し考えすぎていたのかもしれない・・・。
そう思った私は少し距離を置くようにして見ました。
見守るといいますか、なんというか・・・。
これが良い状況だとは思えなかったのですが、私自身気持ちに変化があると彼に気づいて欲しかったんです。
結果、わかりやすいのですが、今度は彼が私を追うようになりました。
状況は良くなり、結果付き合うことになりました。
不安に感じている人はいると思いますが、逆の発想が良い結果をもたらすこともあります。
今までではうまくいかなかったことも、逆のことをしてみると、思いもよらぬ良い結果になることがあります。

友達の彼氏の話

自分はおかしいのではないか・・・と悩んでいる友達がいました。
私は正直に「少しおかしいよ」と言ってあげました。
その友達に彼氏が出来てからの話なのでさ、友達自体全く喜んでいない状況だったんです。
好きになったのは彼氏の方からで、アプローチも結構な間されていたようです。
しかし、全く恋愛対象には見れなかったそうです。
確かにそれは知っていたのですが、なんとなく仲の良い友達関係はしていた彼女。
そのうち彼の方から正式に告白されてしまいました。
普通だったら恋愛対象に見れないのであれば断るのが私は普通だと思います。
しかし、その友達はなぜか付き合うことにしてしまったのです。
友達関係のあいだに相違感情が芽生えたわけでもありません。
好きでもなければ嫌いでもないという状態で付き合うことを決めてしまったのです。
なぜ、そんなことをしたのか聞いてみると、「役に立てるなら・・・」ということでした。
自分に対して確かにマイナス思考なところがあるので、友達がこう言うのもわかりますが、私は納得できませんでした。
まるでこれではボランティアです。
しかも彼氏のことを好きになれそうにはないと言います。
なおさら祝福もできませんし、恋愛は相手のためだけにするものではないと激怒しました。
はっきり言って第3者なので全く関係ない話なんですが、ほっとけない私・・・。
友達も悩み、傷ついているようですが、相手の男性にも失礼です。
じっくりと友達と話しました。
その後友達は電話はできなかったようでメールで付き合うことを断り、謝ったそうです。

自分をアピールしていく

自己アピールはとても大事なことです。
個性というノア最近では大事だと言われていますから、アピールできない人は損をしてしまうこともあります。
しかし、これはときと場合によるのではないかと思います。
仕事が忙しくてお弁当を脇に置きながらパソコンに向き合う・・・こんな感じの毎日をすごしていました。
まともな休憩時間はありませんでした。
つかの間の忙しさはありがたいことだと思ってモチベーションを上げていました。
必然的に昼食と仕事を同時進行していたので、だんだんと一人になていきました。
そのときを狙ってなのかなんなのか、ある男性が話しかけてきました。
先輩ではあるのですが、そこまで仲良くない先輩です。
最初は作業をしながらで失礼します・・・と話を聞いていました。
しかし、何かを彼がすごくアピールしているのです。
美味しいお店がある、ランチはここが良い・・・と一人でずっと喋っています。
しかし、私は仕事中なわけですから、話の内容ははっきりと覚えていません。
空気を全く読めない先輩で「ちゃんと聞けないかもしれない」と笑いながら言っておきました。
それから毎日私のところへ来てしゃべりつ受ける先輩。
ウザイにも程があります。
「夕飯行こうよ」
「俺結構モテるタイプ」
「前から気になってたんだよね〜」
全く興味ない話ですし、迷惑なのを察して欲しいと思いました。
彼からしてみればアピールはここがチャンスだと思ったのでしょうが、はっきり言ってその感覚が信じられません。
いい加減なんとかしようと思い、同僚にランチをおごる約束をして仕事を分けることにしました。
先輩回避のためになぜここまでしなければ・・・という感じでした。

変なとこでこだわる私

普段は結構気にしないタイプなのですが、変なところは完璧でなければいけない性格です。
彼氏にも「なぜそこにこだわる?」と言われることがよくありました。
とにかく失敗だけはしてはいけないという、わけのわからないポリシーがあります。
何でも少しでも失敗すると悔しくて仕方なく、それが頭から離れなくなります。
しかも、しばらく不機嫌な状態が続きます。
それを目の前にしている彼氏は、まるで腫れ物にさわるような感じです。
すごく気を使っているのがわかりますし、申し訳ない気持ちもあります。
しかし、それが自分の中でなかなかおさめることができないんです。
彼氏が悪くないのは十分承知なのですが、とりあえず当たってしまうこともしばしば・・・。
昔からの友達には「そこまで考えなくても」とあっけらかんと私に言います。
気楽な考え方で、「なんとかなる」が口癖のような友達です。
私自身の性格を熟知しているのでわかっているはずなのですが、なぜか、お気楽なことばかり言ってきます。
少し起こり気味で対抗すると「まぁいいかっていう気持ちを持て」と言われました。
諦める感じがして、どうしても受け入れることができなそうな言葉です。
しかし、なにかあるごとに困惑している彼氏を見ていて、「まぁいいや」っていう気持ちは大事なのかもしれないと思い始めました。
まぁいいやを意識するようにしてからは、理不尽なことで彼氏に八つ当たりすることもなくなりました。
傷つけたという嫌悪感もなくなりましたし、すごく気持ちに余裕が出てきた感じがしています。